コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はとバス はとばす

2件 の用語解説(はとバスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

はとバス

株式会社はとバスは、東京都が筆頭株主で40%弱の株式を保有する定期観光バスおよび貸し切りバスの運行会社である。同社の黄色を基調としたボディーカラーで名高い定期観光バスおよびバスツアーを「はとバス」または「はとバスツアー」という。戦後の早い時期から都内観光を開始し、かつては、地方から東京にやってきた「お上りさん」が皇居や国会議事堂東京タワーなどを巡る東京観光の代名詞でもあった。
同社は1948年に新日本観光株式会社として設立、翌年から貸切バスや都内定期観光バスの運行を開始した。63年に現社名に変更、2003年からは「都営バス」一部路線の管理受託も行っている。09年6月現在では,東京駅などを出発点に東京・横浜周辺で、登録車両数136台のバスを運行し,昼は新旧の名所や観光スポットを巡る30~40コースの、夜は夜景やグルメを楽しむなどの約25コースの、定期観光バスツアーを常時運行している。
季節的な企画なども含めるとコースは年間200種類を数え、名所巡りにとどまらず、東京ディズニーランドを訪れるコースや、観劇や花火大会など各種の催事をコースに取り入れる他、一般には参観が難しい場所や著名な料亭などを気軽に訪れることができるコースもある。また、講談師が怪談の舞台となった場所を案内するツアーや、航空機の整備工場や水族館の裏側を知るツアーなど、テーマ性のある企画によって、観光客だけに限らず地元在住者にも広く人気を博している。外国人観光客向けには、貸し切りバスの運行だけでなく、イヤホンによって英語や中国語、韓国語などで解説するサービスがあり、英語・中国語で案内する定期コースもある。個人で訪れた外国人観光客と日本にいるその知人が一緒にツアーに参加することもでき、国際化の時代に即応したツアーとして好評である。
同社もレジャーの大型化、多様化などの波を受け、1990年代末には赤字に転落したが、顧客アンケートを積極的に検討するなどのサービス向上に全社で取り組み、新企画のツアーを次々と打ち出した。朝食は築地ですし、昼食は浅草で天ぷら、夕食は葛飾柴又でうなぎと、江戸の伝統料理をしにせ料理店で味わう「江戸味覚食い倒れツアー」は、毎回発売と共に完売となるほどの人気を誇る。不況下にあって「安・近・短」の流れにも合致し、2005年以来4年連続で年間利用者数が増加し、09年度には年間70万人に迫る勢いで躍進中である。

(金谷俊秀 ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

はとバス

1948年創業。東京・横浜観光は春夏秋冬ごとに約200コースがあり、約30コースは季節ごとに入れ替える。昨年6月までの1年間で最も人気だったのはオープンバスに乗って1時間で東京タワーやレインボーブリッジを巡る「TOKYOパノラマドライブ」。

(2016-03-04 朝日新聞 朝刊 東京B・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はとバスの関連キーワードソフトバンクモバイルソフトバンク筆頭株主

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

はとバスの関連情報