ばった屋(読み)ばったや

精選版 日本国語大辞典「ばった屋」の解説

ばった‐や【ばった屋】

〘名〙
屑拾(くずひろい)が集めてきた物を買い取る問屋。
※風俗画報‐一六三号(1898)雑録「浅草松葉町のバッタ屋(紙屑拾ひのものを買入るる問屋を云ふ)五軒の主人に迫り」
② 正規の流通経路を通さずに仕入れた品物を極端な安値で売る商人。〔現代語大辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ばった屋」の解説

ばった‐や【ばった屋】

正規のルートを通さずに仕入れた品物を安値で売る商人。また、その店。
[補説]ふつう「バッタ屋」と書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android