コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひさき ヒサキ

デジタル大辞泉の解説

ひさき

平成25年(2013)9月にJAXA(ジャクサ)宇宙航空研究開発機構)がイプシロンロケットで打ち上げた、惑星分光観測衛星SPRINT-A(スプリントエー)の愛称。世界初の惑星観測専用の宇宙望遠鏡に位置づけられ、極紫外線域の分光計を搭載。惑星や衛星の大気の動態や、太陽風との相互作用などを継続的に観測する。名称は「太陽(ひ)の先(さき)」、および打ち上げ場所の津代半島の地名「火崎」に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ひさきの関連キーワードスプリントA折口信夫論国民文学中沢新一飯尾信宗科学衛星大津又平楸・久木産経新聞ジャクサ吉増剛造鶴の子御火焚思う人自堕落枕草子そね松浦童ぐ目聡

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひさきの関連情報