分光計(読み)ブンコウケイ

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんこうけい【分光計 spectrometer】

一般に分光器と称されているものの一つと考えてよいが,とくに波長の読取りに重点が置かれているのが分光計であるといえる。スリットとそれに入射した光を平行光束にするための光学素子からなるコリメーター,入射平行光束を集光させて観測するための望遠鏡,分散素子を置く回転台からなり,図のように配置されたものが基本となっている。回転台は大きな角度目盛円板の中央にあり,望遠鏡はその中心軸を望みながら円板のまわりに自由に移動できその回転角を読むことができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんこうけい【分光計】

目盛りの読みから波長を測定できるようにした分光器。特に、角度目盛りをもつもの。スペクトロメーター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんこう‐けい ブンクヮウ‥【分光計】

〘名〙 角度目盛を持っている分光器。光の入口、出口両方の望遠鏡を固定したままで、プリズムを回転して、あるスペクトル線が得られたとき、その波長をプリズム回転台についている角度目盛から読み取れるようにした器械。スペクトロメーター。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の分光計の言及

【分光器】より

…(3)ポリクロメーターpolychromator 上記2者を併合したものと考えてよく,分光写真器のスペクトル焦点面に複数個の出口スリットを設置し,目的スペクトル素分の複数個を同時に取り出しうるようにした装置。(4)分光計spectrometer 回転台にプリズムや回折格子などの分散素子を置き,分散光を望遠鏡で観測することによって波長決定ができる装置(分光計)。(5)分光放射計spectroradiometer 発光体からのスペクトル強度の定量測定を(厳密には放射量を単位として)行うための装置。…

【分光器】より

…(3)ポリクロメーターpolychromator 上記2者を併合したものと考えてよく,分光写真器のスペクトル焦点面に複数個の出口スリットを設置し,目的スペクトル素分の複数個を同時に取り出しうるようにした装置。(4)分光計spectrometer 回転台にプリズムや回折格子などの分散素子を置き,分散光を望遠鏡で観測することによって波長決定ができる装置(分光計)。(5)分光放射計spectroradiometer 発光体からのスペクトル強度の定量測定を(厳密には放射量を単位として)行うための装置。…

※「分光計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分光計の関連情報