コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふうちょう座 ふうちょうざApus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ふうちょう座
ふうちょうざ
Apus

風鳥座。概略位置は赤経 16時,赤緯-76°。7月の宵に南中する星座さそり座の南にあり日本では見られない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ふうちょう座
ふうちょうざ / 風鳥座

日本からは見ることのできない南半球の星座。ケンタウルス座の南、天の南極付近に位置する。フウチョウとはニューギニア島の密林にすむゴクラクチョウのことで、星の配列からその姿を想像するのはむずかしいが、ドイツの天文学者バイヤーJohann Bayer(1572―1625)が1603年に発表した全天星図『ウラノメトリア』中の新しい12星座の一つに含まれており、新設星座のなかでは歴史の古いものに属する。設定者はオランダの地図製作者プランシウスPetrus Plancius(1552―1622)らではないかとされている。[藤井 旭]
『藤井旭著『星座大全――夏の星座』(2003・作品社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ふうちょう座の関連キーワード風鳥座

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android