コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふくろう星雲 ふくろうせいうん

百科事典マイペディアの解説

ふくろう星雲【ふくろうせいうん】

おおぐま座にある惑星状星雲(M97またはNGC3587)。フクロウの形に似ており,距離1800光年。
→関連項目惑星状星雲

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくろうせいうん【ふくろう星雲 Owl Nebula】

M97,NGC3587。おおぐま座にある惑星状星雲。距離は1800光年であるが3′.4×3′.3に広がっており,惑星状星雲としては大きい。全体の明るさは12等級しかないので見つけにくい天体であるが,北斗七星のひしゃくの底にあたるβ星とγ星を結んだ線上にある。暗いのでなかなか写真に撮れないが,口径20cmくらいの望遠鏡を使うとフクロウの顔のような星雲を写せる。太陽質量の1.2倍くらいの星が進化し,その一生の最後に近づくと大気が膨張して不安定になり,その星の質量の半分くらいが放出される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ふくろう星雲
ふくろうせいうん

おおぐま座にある惑星状星雲。北斗七星の柄杓(ひしゃく)の底のβ(ベータ)星の近くにある。星雲は全体が丸く、その中に少し暗い目のような部分があり、いかにもフクロウの顔のように見えるので、イギリスの天文学者パーソンズにより、ふくろう星雲と命名された。惑星状星雲としては大きいほうであるが、かなり淡いので少し大きめの望遠鏡で見る必要がある。カタログ番号はM97またはNGC3587。距離は約1800光年。実視等級は10等、視直径は3分程度。近くに系外銀河のM108もある。4月中旬の午後7時ころに北東の空に、午後9時ころに天頂付近に見える。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のふくろう星雲の言及

【星雲】より

…そのガスは太陽質量の20%くらい,半径は0.1~2.0光年(6000~1万天文単位)で輝いている。太陽からの距離2000~3000光年以内の明るい惑星状星雲には,こぎつね座の亜鈴状星雲,みずがめ座の土星状星雲,こと座の環状星雲,おおぐま座のふくろう星雲などと,表面の模様によって固有名がついている。銀河系内に1000個余りが知られていて,いて座の銀河中心方向に数多く密集している。…

※「ふくろう星雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ふくろう星雲の関連キーワードパーソンズ(3rd Earl of Rosse William Parsons)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android