コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふるい(篩)

世界大百科事典 第2版の解説

ふるい【ふるい(篩) screen】

金網またはそれに類する多数の穴をもつ板により,粉粒体を粒子径の大小にしたがって分離するのに使われる器具または機械装置。ふるいは穀物の選別や砂と砂利の分別などに人類の歴史とともに古くから使われてきた道具である。ふるいはほぼ同じ大きさと形の多数の穴をもつ面(ふるい面)と,これを支持する枠(ふるい枠)から成る。ふるい面はステンレス鋼,炭素鋼,ナイロンなどを素線とする織網,くさび形の断面をもつ針金(ウェッジワイヤ)や金属棒(ウェッジバー)を一定の間隔ですだれのように並べたもの,円形,長方形などの穴を多数あけた金属板,ゴムで被覆した鋼板,細い切れ目(スリット)をもつポリウレタン成形体などによって形成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のふるい(篩)の言及

【臼】より

…東西文明交流の成果として,互いに影響し合って,発達していったと考えるのが妥当であろう。小麦製粉にとって,ロータリーカーンと切っても切れない関係にある篩(ふるい)は,絹織物の紗であり,その基本をなす綟(もじ)り織の技術は,ヨーロッパ,とくにスイスに定着して現存するが,元来は秦・漢時代の中国で発達したものであることを考え合わせてみることは興味深い。 ロータリーカーンの技術に関する東西交流について,もうひとつ注目すべき事実がある。…

※「ふるい(篩)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ふるい(篩)の関連キーワード愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬古い革袋に新しい酒を盛る兵庫県姫路市安富町皆河モレキュラーシーブ毛水嚢・毛水囊掉尾の勇を奮うふるい(篩)機標準ふるいトロンメル古屋・古家篩に掛ける元気付ける回転ふるいコランダー万石通し跳梁跋扈獅子奮迅メッシュ精選器土入れ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android