コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べかなり ベカナリ

デジタル大辞泉の解説

べか◦なり

[連語]《推量の助動詞「べし」の連体形に推定・伝聞の助動詞「なり」の付いた「べかるなり」の音変化「べかんなり」の撥音無表記》…のはずということだ。…のはずのようだ。
「内侍のかみになる―◦なり」〈・行幸〉
[補説]「べかめり」が平安時代の物語の地の文にも会話文にも用いられるのに対し、「べかなり」は会話文に用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

べかなり

( 連語 )
〔推量の助動詞「べし」の連体形「べかる」に伝聞推定の助動詞「なり」の付いた「べかるなり」の転である「べかんなり」の撥音「ん」が表記されない形〕
…するはずのようだ。…のはずだそうだ。…すべきであるらしい。 「にはかにうち続く-・なる黄泉よみじのいそぎは/源氏 夕霧」 「それはかぐや姫こそ候ふ-・なれ/宇津保 初秋

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

べかなりの関連キーワードミノルカ[種]バーバリシープフランク王国佐治かぼちゃシンライン暴く・発くべかんなりWSPC連体形べかり助動詞連語推量内侍肥料

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android