べらなり(読み)ベラナリ

デジタル大辞泉の解説

べらなり[助動]

[助動][○|べらに|べらなり|べらなる|べらなれ|○]《推量の助動詞「べし」の語幹「べ」+接尾語「ら」+断定の助動詞「なり」》活用語の終止形、ラ変型活用は連体形に付く。状態の推量を表す。…ようだ。…ように思われる。
「なきとむる花しなければ鶯もはてはものうくなりぬべらなり」〈古今・春下〉
[補説]平安初期には訓点語として用いられ、中期には歌語として盛んに用いられた。連用形の例は少ない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べらなり

( 助動 ) ( ○ ・ (べらに) ・べらなり ・べらなる ・べらなれ ・ ○ )
〔推量の助動詞「べし」の語幹相当部分「べ」に接尾語「ら」が付いた「べら」に「にあり」が付いて一語化したもの〕
動詞やそれと同じ活用型の助動詞の終止形に接続する。ただし、ラ変動詞やそれと同じ活用型の語には連体形に接続する。現在のことを推量・想像する意を表す。…であるようだ。…のようである。 「北へ行く雁ぞ鳴くなるつれて来し数は足らでぞ帰るべらなる/古今 羇旅」 「桂川わが心にもかよはねど同じ深さに流るべらなり/土左」 〔主として、中古の漢文訓読文や和歌に用いられたが、ごくまれに次のような例も見られる。「知らぬ茸たけとおぼすべらに独り迷ひ給ふなりけり/今昔 28」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

べら‐なり

〘助動〙 (活用は「〇・べらに・べらなり・べらなる・べらなれ・〇」。活用語終止形に付く。ラ変型活用の語には連体形に付く) 推量助動詞。…のようである。…しそうな様子である。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)九「是の長者を見て、心に希所有るべらにして随逐して瞻はり視るに」
※古今(905‐914)秋・上・一九五「秋の夜の月のひかりしあかければくらぶの山も越えぬべら也〈在原元方〉」
[語誌](1)上代の資料には見えない。成立については、「べし」と関係づける解釈が一般的で、「清し」から「清らなり」が派生したのと同様に、「べし」から派生したとされる。形態、意味、接続、上接語の傾向などの点で「べし」との類似性が認められる。
(2)「古今集」など、平安初期の和歌文学作品では男性歌人が多く使っている。そのため、当時の男性が口頭語で用いたとする説もあるが、定かでない。いずれにせよ、訓点資料等にも用例が見え、「べらなり」を「歌語」と呼ぶのは適当でない。
(3)平安中期以降は古語化していったようで、「俊頼髄脳」に「『べらなり』といふことは、げに昔のことばなれば、世の末には、聞きつかぬやうに聞こゆ」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android