コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訓点語 くんてんご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訓点語
くんてんご

訓点を施した訓点資料に表記されている国語をさす。いままでに知られている最古の資料は『華厳経刊定記 (けごんきょうかんじょうき) 』 (783) である。平安時代後期以降は固定化して伝承されたので,平安時代前期の有識者層男子の文章語を知るための貴重な資料である。漢語の数・頻度数が多く,和語の種類が少いこと,促音便撥音便が用いられていること,「シカレドモ」 (和文サレド) や「ゴトシ」 (和文ヤウナリ) など,和文にはみられない特有の語彙があることなど,すでに当時の会話語とはかなり異なる相をなしていたことが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くんてん‐ご【訓点語】

古代、漢文訓読するときに用いられた国語。語彙・語法において和文語とは違った特徴を有し、後世文語体の形成に影響を与えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くんてんご【訓点語】

古く漢文を訓読するのに用いられた国語。平安時代以後、語彙・語法・音韻・文体などの面で仮名文学に用いられたものとはいろいろ異なるものがあった。後世の和漢混交文をはじめ、文語文に大きな影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

訓点語の関連キーワード和漢混交文遠藤 嘉基べらなり春日政治カリ活用遠藤嘉基文語文大矢透御座すと雖も多い跨ぶ音韻

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android