コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほて ホテ

デジタル大辞泉の解説

ほて

腹。また、腹が出ていること。
「やあ、―がくねるわい」〈浄・孕常盤
わらを棒状に束ねて巻き固めたもの。
「―を射たり、破魔射たり」〈田植草紙

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほて

はらのこと。 〔物類称呼〕
わらを棒状に巻き固めたもの。 「京へ上れば先づ室の宿で-を射たり/田植草紙」
目印として立てるもの。特に、竿の先に御幣をつけて祭りの時に立てるものや、占有の標識として入会地などに立てるもの。 → 梵天ぼんてん
酒林さかばやし 」に同じ。 〔日葡〕
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ほての関連キーワード步・保・匍・哺・圃・捕・歩・浦・舗・葡・蒲・補・輔山背大兄王(やましろのおおえのおう)パッフ(Phillip Pfaff)口唇裂/唇顎口蓋裂/口蓋裂エプーリス(歯肉腫)脇・腋・掖・傍・側ほでてんごう古人大兄皇子インプラント極印千右衛門布引き・布引ほてくろしいほてくろしボンウィル小児歯科学脇手・腋手塩竈神社安田靫彦真髪成村ギージー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほての関連情報