孕常盤(読み)ハラミトキワ

大辞林 第三版の解説

はらみときわ【孕常盤】

人形浄瑠璃の曲名。時代物。近松門左衛門作。1710年大坂竹本座初演。清盛の子を孕んだ常盤御前の物語に、牛若丸の奥州下向までをからませたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はらみときわ はらみときは【孕常盤】

浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。宝永七年(一七一〇)大坂竹本座初演。五条橋での牛若と弁慶の主従契約、亀井兄弟の対面、牛若と浄瑠璃姫の恋物語が主材だが、常盤御前が、清盛の子を宿したことを恥じて館をのがれ捕えられ、牛若丸と弁慶が馬子と産婆に身をやつして助ける段が中心。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android