コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒林 サカバヤシ

3件 の用語解説(酒林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さか‐ばやし【酒林】

酒屋の看板として、杉の葉を球形に束ねて軒先につるしたもの。酒の神ともされる奈良県の大神(おおみわ)神社が杉を神木とすることにちなむといわれる。さかぼうき。さかばた。杉玉。
武具の一。1の形をした指物(さしもの)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

酒林

造り酒屋の軒下などに吊り下げられている、杉の葉を束ねて球状にした一種の看板。杉玉、酒箒(さかぼうき)、酒旗(さかばた)などの別名もある。古く中国から渡来したといわれ、あちらでは酒林と青と白い布の酒旗が酒屋のシンボルであった。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

さかばやし【酒林】

杉の葉を束ねて球状にし、軒先にかけて酒屋の看板としたもの。杉玉。さかぼうき。酒旗さかばた。杉林。ほて。 〔奈良三輪山の大神おおみわ神社が酒の神とされ、杉が神木であることから〕
武具で、の形をした指物さしもの

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酒林の関連情報