コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まんじり マンジリ

2件 の用語解説(まんじりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まんじり

[副]
ちょっと眠るさま。ふつう打消しの語を伴って用いる。「心配で一晩中まんじりともしない」
じっくりと見つめるさま。じっと。まじまじ。
「大きな二つの眼が僕のすぐ前で仰向き加減に僕を―と見やって」〈有島・宣言〉
何も手につかないでいるさま。
「もう帰るか、もう帰るか、と待つ間を独(ひとり)―としていると」〈紅葉多情多恨
[補説]1について、文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、「まんじりともせずその時間を過ごした」を、本来の意味とされる「眠らないで」で使う人が28.7パーセント、本来の意味ではない「じっと動かないで」で使う人が51.5パーセントと、逆転した結果が出ている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まんじり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
ちょっと眠るさま。多く、打ち消しの語を伴って用いる。 「 -ともしないで夜を明かす」
じっと見つめるさま。 「見たくも無い物を-と視て/二人女房 紅葉

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まんじりの関連キーワード一睡ちょっきりちょっこりちょっぴりちょっぽりちょびちょびちょっくらちょっと一寸やそっと

まんじりの関連情報