まんじり(読み)マンジリ

デジタル大辞泉の解説

まんじり

[副]
ちょっと眠るさま。ふつう打消しの語を伴って用いる。「心配で一晩中まんじりともしない」
じっくりと見つめるさま。じっと。まじまじ。
「大きな二つの眼が僕のすぐ前で仰向き加減に僕を―と見やって」〈有島・宣言〉
何も手につかないでいるさま。
「もう帰るか、もう帰るか、と待つ間を独(ひとり)―としていると」〈紅葉多情多恨
[補説]1について、文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、「まんじりともせずその時間を過ごした」を、本来の意味とされる「眠らないで」で使う人が28.7パーセント、本来の意味ではない「じっと動かないで」で使う人が51.5パーセントと、逆転した結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんじり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
ちょっと眠るさま。多く、打ち消しの語を伴って用いる。 「 -ともしないで夜を明かす」
じっと見つめるさま。 「見たくも無い物を-と視て/二人女房 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android