コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みなべ町 みなべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

みなべ〔町〕
みなべ

和歌山県中西部,太平洋に臨み,南部川(みなべがわ)流域に広がる町。2004年南部川村と南部町が合体。南高梅で知られる全国有数のウメの産地。ウメの開花期になると千里梅林,岩代梅林などに多くの観梅客が集まる。また,ウバメガシを原料とする良質の備長炭(→白炭)も生産される。古来熊野街道唯一の海辺ルートが開け,沿道には王子社など熊野信仰にまつわる史跡がいくつか残る。アカウミガメの産卵地で有名な千里の浜を含む海岸部は吉野熊野国立公園に属する。JR紀勢線,国道42号線,424号線が通り,阪和自動車道インターチェンジがある。面積 120.28km2。人口 1万2742(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

みなべ町の関連情報