コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部川 みなべがわ

2件 の用語解説(南部川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南部川
みなべがわ

和歌山県中西部,みなべ町の中・東部を占める旧村域。南部川の上・中流域に位置する。1954年上南部村,高城村,清川村の 3村が合体。2004年南部町と合体してみなべ町となった。河岸の洪積台地上に,江戸時代からウメ栽培が普及,1900年前後から梅干の需要が増えたため拡張され,名所南部梅林で知られる全国有数のウメの産地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南部川
みなべがわ

和歌山県中部、日高(ひだか)郡にあった旧村名(南部川村(むら))。現在はみなべ町の中央から北東部を占める地域。1954年(昭和29)上南部(かみみなべ)、高城(たかぎ)、清川(きよかわ)の3村が合併して成立。2004年(平成16)南部町と合併、みなべ町となる。虎ヶ峰(とらがみね)に発する南部川上・中流域を占め、名称もこれに由来する。太平洋岸から龍神(りゅうじん)温泉に向かう国道424号が通じ、阪和(はんな)自動車道のみなべインターチェンジがある。中世には高野山(こうやさん)領の南部荘(みなべのしょう)であった。中流左岸の条里遺構の残る沖積地に水田が開け、周囲の晩稲(おしね)などの段丘部では、主産業であるウメ栽培が盛ん。ウメの生産は日本一を誇り、梅干しなどの加工品で全国的に知られる。また、広大な南部梅林は開花期に観梅の観光客でにぎわう。ほかにウバメガシを原料とする備長炭(びんちょうたん)が名産で、紀州備長炭製炭技術は県指定の無形民俗文化財。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南部川の言及

【南部川[村]】より

…人口6663(1995)。村域の東端,西牟婁(にしむろ)郡との境にある虎ヶ峰(790m)に源を発する南部川が,多数の支流を合わせつつ中央部を南西流し,周囲を山地や丘陵に囲まれる。南隣の南部町域にかけては,平安末期から中世には南部荘の地であった。…

※「南部川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南部川の関連キーワード和歌山県日高郡みなべ町晩稲和歌山県日高郡みなべ町清川和歌山県日高郡みなべ町堺和歌山県日高郡みなべ町芝和歌山県日高郡みなべ町筋和歌山県日高郡みなべ町高野和歌山県日高郡みなべ町滝和歌山県日高郡みなべ町谷口和歌山県日高郡和歌山県日高郡みなべ町広野

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南部川の関連情報