コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むし歯の原因になりにくい食品 むしばのげんいんになりにくいしょくひん

1件 の用語解説(むし歯の原因になりにくい食品の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

むしばのげんいんになりにくいしょくひん【むし歯の原因になりにくい食品】

むし歯」は口腔内(こうくうない)にいるミュータンス・レンサ球菌やその他の細菌が、糖質を栄養源として歯垢(しこう)プラーク)の中に酸をつくり、歯のエナメル質を溶かすことが原因で発生するものです。
 そこで、「むし歯の原因になりにくい食品」には「むし歯菌の栄養源にならない甘味料」あるいは「むし歯菌の増殖を抑える働きのある成分」が使われています。
〈最近では歯を丈夫にする成分も登場〉
 特定保健用食品の「むし歯の原因になりにくい食品」には、甘味料としてマルチトール、還元パラチノースキシリトールエリスリトールといった糖類がおもに利用されています。これらの甘味料は、口腔内の細菌に栄養源として利用されることがないので、むし歯の原因となる酸の生成を抑えることにつながるのです。
「むし歯菌の増殖を抑える働きのある成分」としては、お茶の成分である「茶ポリフェノール」が使われています。
 口の中に長い時間入っているガムやキャンディーほど、これらの効果がわかりやすいため、特定保健用食品の形態としては、ガムやキャンディーが多くなっています。
 最近では、リカルデント(CPP―ACP)という成分を含むことで「歯を丈夫で健康にする」と表示するガムもでてきています。
 冒頭で述べたむし歯になる過程で「歯のエナメル質を溶かす」というのは、エナメル層からカルシウムが溶けだすことで、これを「脱灰(だっかい)」といいます。
 糖質のある食べものを食べていれば、脱灰は日常的に起こっていることになります。それでもすぐにむし歯にならないのは、唾液(だえき)が脱灰を抑えるような働きをしているからです。唾液に含まれるカルシウムやリン酸がイオン化してエナメル質に浸透し、ミネラルを補充しているのです。こうした働きを「再石灰化(さいせっかいか)」といいます。
 歯の脱灰を抑制し、再石灰化を増強する成分がリカルデントなのです。
 また、キシリトールの働きを向上させる新素材として、「フクロノリ抽出物」と「第2リン酸カルシウム」を配合し、歯を丈夫で健康にする食品として認められているガムもでています。
 ただ、これらの成分はそれ自身がむし歯の原因になりにくいということであり、日常的に食べるほかの食品の糖質によるむし歯の発生まで抑える働きはありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

むし歯の原因になりにくい食品の関連キーワード口腔外科口臭口腔公空航空便口音むし歯道空宿屋空々

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone