コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やぞ ヤゾ

2件 の用語解説(やぞの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

や‐ぞ

[連語]《係助詞「や」+係助詞「ぞ」》文末で、推量の助動詞「む」「らむ」「けむ」などに付く。強い疑問や反語の意を表す。…(だろう)か。…だろうか(いや、そうではない)。
「年にありて一夜妹(いも)に逢ふ彦星も我に勝りて思ふらむ―」〈拾遺・秋〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やぞ

( 連語 )
〔係助詞「や」に係助詞「ぞ」の付いたもの。中古前期の語〕
文末にあって、推量の助動詞「む」「らむ」「けむ」などに付く。
疑問または詠嘆の意を表す。 「はかなくて同じ心になりにしを思ふがごとは思ふらむ-/後撰 恋一」 「沢水に老いぬる影を見るたづの鳴く音雲ゐにきこゆらむ-/兼盛集」
反語の意を表す。 「夏ごろも有りしながらに冬の夜のせなとし寝なば寒からむ-/好忠集」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やぞの関連情報