コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やは ヤハ

2件 の用語解説(やはの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やは[係助]

[係助]《係助詞「や」+係助詞「は」から》名詞、活用語の連用形・終止形、副詞・助詞などに付く。
反語を表す。…だろうか(いや、そうではない)。
「春の夜の闇はあやなし梅の花色こそ見えね香―隠るる」〈古今・春上〉
疑問を表す。…(だろう)か。
「ほととぎす声も聞こえず山びこはほかに鳴く音(ね)をこたへ―せぬ」〈古今・夏〉
(「やは…ぬ」の形で)勧誘・願望を表す。…しないか。…しないかなあ。…してくれればいいのに。
「ここに―立たせ給はぬ(=オ立チニナリマセンカ)」〈・葵〉
[補説]12は文中でも文末でも用いるが、文中にある場合、文末の活用語は連体形で結ばれる。→かは

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やは

( 連語 ) 〔係助詞「や」に係助詞「は」の付いたもの〕
文中にあって、文末を連体形で結ぶ。
疑問の意を表す。 「世の中はむかしより-うかりけむわが身ひとつのためになれるか/古今 雑下
反語の意を表す。 「われ人に劣らむとおぼいたる-ある/源氏 桐壺
〔「やは…ぬ」の形で〕 勧誘や希望の意を表す。 「あたりよりだにな歩きそと-のたまはぬ/竹取」
文末にあって、疑問・反語の意を表す。 「さりとも、つひに男あはせざらむ-/竹取」 「いその神ふるの中道なかなかに見ずは恋しと思はまし-/古今 恋四

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やはの関連キーワード係り助詞・係助詞係助詞とてもはも並立助詞もかもかももよやぞやわ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やはの関連情報