コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろ(濾)過

百科事典マイペディアの解説

ろ(濾)過【ろか】

固体粒子と液体との混合物を多孔質のろ質(ろ)に通して両者を分離する操作。この場合の分離された固体をろ塊またはろ滓(ろさい)(ケーキ),ろ材を通った液をろ液という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ろ(濾)過の関連キーワードクレアチニンクリアランスゲルクロマトグラフィーミルクタンパク質濃縮物糸球体ろ(濾)過速度メンブランフィルターイオン交換ろ(濾)過限外ろ過(限外濾過)糸球体ろ(濾)過量オリバーフィルター糸球体ろ(濾)過値オイルフィルター糸球体ろ(濾)過加圧ろ(濾)過ろ(濾)過助剤吸引ろ(濾)過ろ(濾)過除菌パーコレーター真空ろ(濾)過ケリー型ろ過機減圧ろ(濾)過

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android