コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限外濾過 ゲンガイロカ

3件 の用語解説(限外濾過の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんがい‐ろか〔ゲングワイロクワ〕【限外×濾過】

濾紙などでは濾過できない、コロイド粒子のような微細な粒子を濾過する方法の一。従来、素焼き板やコロジオン膜・セロハン膜のような半透膜が使われたが、近年はさまざまな粒の大きさに対応した多孔性の高分子膜が利用される。粒の大きさが1ナノメートル~1マイクロメートルのものを濾過する。→精密濾過超濾過

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げんがいろか【限外濾過】

コロジオン膜や合成高分子の膜などを用いて、加圧または吸引によってコロイド粒子や比較的大きな分子を分離すること。脱塩やタンパク質の分別などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

限外濾過
げんがいろか
ultrafiltration

普通の濾過(過と書くことが多い)では分けられないコロイド粒子や細菌などの微粒子を液体から分けるのに20世紀の初めから開発されたもので、濾布のかわりに半透膜を利用する分離法である。これに利用される膜の材質は、アセチルセルロース、ニトロセルロース、塩化ビニルなどで、これを限外濾過膜という。この膜の性能は、つくるときの溶質の濃度、溶媒の種類、乾燥温度などの条件に支配される。これに使われる装置は限外濾過器(ウルトラフィルター)とよばれる。一般にこの方法によって分けられる分子量は、膜にもよるが、だいたい100以上といわれている。さらに低分子の無機塩類まで分離しようとするのが逆浸透法である。[大竹伝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

限外濾過の関連キーワード疎水コロイドコロイド溶液精密濾過超濾過正コロイド負コロイド限外ろ(濾)過疎水性ゾルルイスの濾過方程式限外ろ過(限外濾過)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

限外濾過の関連情報