わざくれ(読み)ワザクレ

デジタル大辞泉の解説

わざ‐くれ

[名]
退屈しのぎの戯れにすること。
「高が皆手づまの―小説の下手なのなり」〈露伴・新浦島〉
やけになること。自暴自棄。
「継母がかりの―に、悪性狂ひも出で来るぞと」〈浄・冥途の飛脚
[感]自暴自棄になって発する語。ええ、ままよ。どうともなれ。
「何の―、死は一つだ。寧(いつ)そ寂然(じっ)としていた方が好い」〈二葉亭訳・四日間〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わざくれ

( 名 )
いたずらにすること。また、何の役にも立たないこと。たわむれ。 「退屈に閉口しての御-/風流仏 露伴
自暴自棄。やけ。 「継母がかりの-に、悪性狂ひも出来るぞと/浄瑠璃・冥途の飛脚
( 感 )
自暴自棄の気持ちを表す語。ええ、ままよ。どうにでもなれ。わんざくれ。 「 -、下に着よや、/咄本・醒睡笑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わざ‐くれ

[1] 〘名〙
① 自暴自棄。やけ。〔俳諧・反故集(1696)〕
② たわむれごと。いたずら。冗談。
※評判記・新野郎花垣(1674)小車「くるくるめくるをくるまのわさくれとおもふばかりぞ」
③ いたずらにすること。余技としてすること。手なぐさみ。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)上「旦那の遊芸は御器用のわざくれ」
[2] 〘感動〙 自暴自棄の気持を表わしていうことば。どうでもなれ。えい、ままよ。
※歌謡・隆達節歌謡(1593‐1611)「夢のうき世の露の命のわざくれ、なり次第よの、身はなり次第よの」
※浄瑠璃・東山殿子日遊(1681)二「是非もなしわざくれとお腰をひたと抱き止むる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android