コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わざくれ ワザクレ

2件 の用語解説(わざくれの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わざ‐くれ

[名]
退屈しのぎの戯れにすること。
「高が皆手づまの―小説の下手なのなり」〈露伴・新浦島〉
やけになること。自暴自棄。
「継母がかりの―に、悪性狂ひも出で来るぞと」〈浄・冥途の飛脚
[感]自暴自棄になって発する語。ええ、ままよ。どうともなれ。
「何の―、死は一つだ。寧(いつ)そ寂然(じっ)としていた方が好い」〈二葉亭訳・四日間〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わざくれ

( 名 )
いたずらにすること。また、何の役にも立たないこと。たわむれ。 「退屈に閉口しての御-/風流仏 露伴
自暴自棄。やけ。 「継母がかりの-に、悪性狂ひも出来るぞと/浄瑠璃・冥途の飛脚
( 感 )
自暴自棄の気持ちを表す語。ええ、ままよ。どうにでもなれ。わんざくれ。 「 -、下に着よや、/咄本・醒睡笑」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わざくれの関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再恭敬車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木