コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わざくれ ワザクレ

デジタル大辞泉の解説

わざ‐くれ

[名]
退屈しのぎの戯れにすること。
「高が皆手づまの―小説の下手なのなり」〈露伴・新浦島〉
やけになること。自暴自棄。
「継母がかりの―に、悪性狂ひも出で来るぞと」〈浄・冥途の飛脚
[感]自暴自棄になって発する語。ええ、ままよ。どうともなれ。
「何の―、死は一つだ。寧(いつ)そ寂然(じっ)としていた方が好い」〈二葉亭訳・四日間〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わざくれ

( 名 )
いたずらにすること。また、何の役にも立たないこと。たわむれ。 「退屈に閉口しての御-/風流仏 露伴
自暴自棄。やけ。 「継母がかりの-に、悪性狂ひも出来るぞと/浄瑠璃・冥途の飛脚
( 感 )
自暴自棄の気持ちを表す語。ええ、ままよ。どうにでもなれ。わんざくれ。 「 -、下に着よや、/咄本・醒睡笑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

わざくれの関連キーワードわんざくれ醒睡笑浮世

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android