コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わざくれ ワザクレ

2件 の用語解説(わざくれの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わざ‐くれ

[名]
退屈しのぎの戯れにすること。
「高が皆手づまの―小説の下手なのなり」〈露伴・新浦島〉
やけになること。自暴自棄。
「継母がかりの―に、悪性狂ひも出で来るぞと」〈浄・冥途の飛脚
[感]自暴自棄になって発する語。ええ、ままよ。どうともなれ。
「何の―、死は一つだ。寧(いつ)そ寂然(じっ)としていた方が好い」〈二葉亭訳・四日間〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わざくれ

( 名 )
いたずらにすること。また、何の役にも立たないこと。たわむれ。 「退屈に閉口しての御-/風流仏 露伴
自暴自棄。やけ。 「継母がかりの-に、悪性狂ひも出来るぞと/浄瑠璃・冥途の飛脚
( 感 )
自暴自棄の気持ちを表す語。ええ、ままよ。どうにでもなれ。わんざくれ。 「 -、下に着よや、/咄本・醒睡笑」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone