んだ

精選版 日本国語大辞典「んだ」の解説

ん‐・だ

(格助詞「の」に、断定の助動詞「だ」の付いた「のだ」の変化したもの)
① 事実を確かなものと認めて提示したり、自分の主張を述べたりして、それがある事情や理由にもとづく判断であるということを表わす。
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)後「内にゃアの、いい嫁があるんだアな」
※斜陽(1947)〈太宰治〉三「早く死にゃいいんだ。こんな世の中に、ママなんて、とても生きて行けやしねえんだ」
話し手の決意を表わす。
※大津順吉(1912)〈志賀直哉〉一「僕は世界的の大文豪になるんだよ」
③ (疑問詞を受けて) 意図や事実をたずねる気持を表わす。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)三「何故横目で人を見るんだ」
④ 相手にある行動をするよううながす気持を表わす。
※母(1930)〈岡田三郎〉一五「山本還二が来たら、すぐにそっと交番へ知らせに来るんだぞ! いいか!」

ん‐だ

〘感動〙 東北方言などで、相手の言ったことに対して、その通りだという気持を表わすのにいうことば。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉四「『何んだか、理窟は分らねども、殺されたくねえで』『んだよ!』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android