疑問詞(読み)ギモンシ

デジタル大辞泉の解説

ぎもん‐し【疑問詞】

疑問文で疑問を表す語の総称。英語の疑問代名詞(who)・疑問副詞(when, why)など、ふつうインド‐ヨーロッパ語の文法で使われる用語日本語では、代名詞の「なに・だれ・いつ・どこ」、数詞の「いくつ・いくら」、副詞の「なぜ・どう」、連体詞の「どの・どんな」など、疑問として用いられる語をいうことがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎもんし【疑問詞】

事物・事態への疑問を表す語。日本語では「だれ」「どれ」「どこ」「いつ」「なぜ」「いくつ」「いくら」「どの」などをいうことがある。ふつうはヨーロッパ諸語の文法で用いられる用語で、英語では who, what などの疑問代名詞、when, where, why などの疑問副詞の類をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

疑問詞
ぎもんし

事物、事態に対する疑いを表す語で、英語ではinterrogative wordという。英語では、what, who, howのようにwh-, h-で始まるという形態上の特徴がみられるが、日本語では、いくつかの品詞にまたがって処理れる。たとえば「どれ」「どこ」「どの」「どうして」などを、佐久間鼎(かなえ)などはコソアドの一つとしてとらえるが、普通は橋本進吉のように、代名詞(「どれ」「どこ」)、連体詞(「どの」)、副詞(「どうして」)などに分ける。そのほか、「いくつ」「いくら」は数詞、「だれ」「なに」「いつ」などは代名詞として扱われる。その代名詞としての扱い方にも、研究者によって考え方の違いがみられ、松下大三郎のように、「だれ」「どこ」「どちら」などを疑問名詞として、未定名詞の一種とする人もいる。松下は、「だれ」「どこ」といったことばは、他の代名詞のように、一定の基準(人称、遠近)に基づくものではないから、代名詞とみるのは誤りである、とする。一般には、人称代名詞の一つとして、不定称として扱うが、その場合でも、自称、対称、他称と並立させるものと、近称、中称、遠称、とともに他称の一部とするものとがある。
 用法としては、(1)疑問を表す(「どっちへ逃げたか」「どれがほしいか」)、(2)「か」「やら」「から」などを伴って、不定を表す(「だれ適任者はいないだろうか」「どこからか虫の音が聞こえてくる」)、(3)全称を表す(「だれ知らない」「いつでもいない」)、(4)代用を表す(「この間だれだれに会った」「なになにはだいじょうぶだろうね」)などがある。[鈴木英夫]
『佐久間鼎著『現代日本語の表現と語法』増訂版(1966・恒星社厚生閣) ▽松下大三郎著『改撰 標準日本文法』復刻版(1974・勉誠社) ▽松村明編『日本文法大辞典』(1971・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疑問詞の関連情報