のだ

精選版 日本国語大辞典「のだ」の解説

の‐・だ

(格助詞「の(一)①(ハ)」に断定の助動詞「だ」の付いたもの。活用語の連体形に付く) 話しことばでは「んだ」となることが多い。→んだ
① 事実を確かなものと認めて提示したり、自分の主張を述べたりして、それがある事情や理由にもとづく判断であるということを示す。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)三「早呑込の軽はづみ計りやるから、番毎しくじるのだ」
話し手の決意を表わす。
※馬上の友(1903)〈国木田独歩〉「僕は如何しても船乗りになるのだ」
③ (疑問詞を受けて) 意図や事実をたずねる気持を表わす。
洒落本・新吾左出放題盲牛(1781)侠八歯臍「コレどうするのだ、どうするのだ」
④ 相手にある行動をするよううながす気持を表わす。
※洒落本・五臓眼(1789‐1801)女中の癖「安さんがきなったら戸はしのかきやへ人をやるのだよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「のだ」の解説

の◦だ

[連語]《準体助詞「の」+断定の助動詞「だ」》
理由や根拠を強調した断定の意を表す。「赤信号を無視して走るから事故を起こす―◦だ」
話し手の決意、または相手に対する要求・詰問の意を表す。「なんとしてもその夢を実現させる―◦だ」
事柄のようすやあり方を強調して説明する意を表す。「この谷は一年じゅう、雪が消えずに残っている―◦だった」
[補説]話し言葉では「んだ」の形をとることが多い。→のです

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android