コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のだ ノダ

デジタル大辞泉の解説

の◦だ

[連語]《準体助詞「の」+断定の助動詞「だ」》
理由や根拠を強調した断定の意を表す。「赤信号を無視して走るから事故を起こす―◦だ」
話し手の決意、または相手に対する要求・詰問の意を表す。「なんとしてもその夢を実現させる―◦だ」
事柄のようすやあり方を強調して説明する意を表す。「この谷は一年じゅう、雪が消えずに残っている―◦だった」
[補説]話し言葉では「んだ」の形をとることが多い。→のです

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

のだ

岩手県九戸郡野田村にある道の駅。国道45号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

のだ

( 連語 )
〔準体助詞「の」に断定の助動詞「だ」の付いたもの。話し言葉では「んだ」「のです」となることも多い〕
原因・理由・根拠などの説明を強く述べる。 「こうして独り住まいをしていると、ますます孤立感が深まっていく-・だ」 「弟の言うことを聞けば聞くほど、気の毒でしかたがなかった-・だ」
意志的な動作を表す語に付いて、その動作主の決意や相手に対する要求などを表す。 「なんとしても、この事だけは達成する-・だ」 「早くここから出て行くんだ」
(「のだった」の形で)事態の説明をやや詠嘆的に言い表す。 「一人思い出にふける-・だった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のだの関連キーワード此の親にして此の子ありローランス タルデューぶうとぴょんのえほん岩手県九戸郡野田村心は二つ身は一つメリー・ジェーン顔に書いてある結果オーライダンプリング無けなくに角田竹冷関口金鶏旦那取り話し言葉信太意舒野田忠粛準体助詞保護仮説篠田定考話し手

のだの関連情報