アイガー[山](読み)アイガー

百科事典マイペディアの解説

アイガー[山]【アイガー】

スイス中南部,ヨーロッパ・アルプスのベルナー・オーバーラント山群にある山。標高3970m。1858年初登頂。1921年槙有恒(まきありつね)が北東稜を日本人として初登攀(とうはん)。北壁は高さ1800mの岩壁で,アルプスの最も困難な登山ルートの一つ。1965年高田光政が日本人として初めてこのルートに成功。
→関連項目アルピニズムグリンデルワルトメンヒ[山]ユングフラウ[山]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイガー[山]【Eiger】

スイス中南部,ヨーロッパ・アルプスのベルナー・オーバーラント山群にある名峰。アルプス観光の基地,グリンデルワルトの南に位置し,ユングフラウメンヒの2峰とともに山塊をなす。標高3970m。山体は結晶質石灰岩からなり,氷食をうけ,とくに北壁は高差1800mを有する大岩壁となっている。1858年8月11日イギリスのC.バリントンが南西面と西稜から初登頂に成功。1921年9月10日には,槙有恒がガイド3人と北東稜(ミッテルレギ山稜)の登攀(とうはん)に成功し,日本人のアルプスでの初登攀となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android