コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイギ Gennadiy Nikolaevich Aygi

デジタル大辞泉の解説

アイギ(Gennadiy Nikolaevich Aygi)

[1934~2006]ロシアの詩人。少数民族チュバシ人で、初期にはチュバシ語で詩作したが、パステルナークのすすめにより、ロシア語でも詩作をはじめた。難解な作風ながら、西欧を中心に評価が高い。詩集「庭の雪」「いまやいつも雪」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アイギ【Gennadii Nikolaevich Aigi】

1934~2006) チュバシ系のロシアの詩人。初めはチュバシ語で詩を書くが、後にロシア語でも書くようになる。複雑な隠喩とイメージを駆使する実験的な作風で、現代ロシア詩の可能性を追求。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アイギの関連キーワード鹿児島県大島郡与論町茶花クリュタイムネストラクレオメネス[1世]ヒュペルムネストラクリタイムネストラレオチュキデスカンテンイタビミュルミドン人テュエステスエイスフォラアマルテイアエピダウロスアガメムノンイージス艦コッカレルバーナビーデマラトスエピゴノイドルメッチアイーナ島

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android