コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイゼンシュタット Eisenstadt, Samuel Noah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイゼンシュタット
Eisenstadt, Samuel Noah

[生]1923.9.10. ワルシャワ
ポーランド生れのイスラエルの社会学者,政治学者。 1944年エルサレムのヘブライ大学を卒業,59年に同大学教授になる。 64年マッキーバー賞受賞。主著に『近代化の挫折』 Modernization: Protest and Change (1966) がある。

アイゼンシュタット
Eisenstadt

オーストリア東部,ブルゲンラント州州都。ウィーン東南東約 40km,ハンガリーとの国境近くに位置する。ブドウ畑におおわれた山の斜面を占め,ワイン取引の中心地。作曲家ハイドンが 1761~90年この地に住み,多くの作品を残した。ハイドンの家は現在,博物館になっている。 17世紀のエステルハージ城も残る。繊維,スキー用品などの工業が立地。人口1万 349 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アイゼンシュタット(Eisenstadt)

オーストリア東部、ブルゲンラント州の都市。同州の州都。ライタ山地の南麓に位置し、ワインの生産が盛ん。第一次大戦までハンガリー王国の一部だった。作曲家ハイドンゆかりの地としても知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アイゼンシュタット【Eisenstadt】

オーストリア東部,ブルゲンラント州の州都。人口1万(1991)。第1次世界大戦後の1920年に住民投票でオーストリアへ帰属。ハンガリー名はキシュマルトンKismarton。古くローマ時代から定住が行われ,中世にはオーストリア,ハンガリーの貴族の係争の地であった。元来ワイン取引の中心地であったが,1663‐73年にエステルハージ家の領主邸が建てられ,文化的にも有名となる。音楽家ハイドンもよく訪れた。【南塚 信吾】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アイゼンシュタットの関連キーワードハイドン(Franz Joseph Haydn)エスターハーズィー城エステルハージ宮殿国際ハイドン週間オーストリアトマジーニベルク教会12月6日ウェルナーフンメル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイゼンシュタットの関連情報