アイヌ舞踊(読み)アイヌぶよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイヌ舞踊
アイヌぶよう

アイヌの舞踊。熊祭そのほかの祭りの祝宴や,村に異変が起こったときなどに行なわれる。酒宴の席の踊りで,一座の長老が頂き手をして一歩一歩踏みしめながら数歩進み,同様にして戻るのを繰り返すタプカラ(力踏み踊り)や,祭りの余興に歌に合わせて立って円陣をなして踊るリムセ(輪舞)など 12種類が伝承されている。タプカラでは所作に合わせサケハウ(サケ声)という歌声や祈願や祝意をこめた歌詞を歌う。また,リムセには円座して囃しながら 1~2人がキツネ,ツル,バッタなど動物の動作を模倣する踊りも含まれる。1984年アイヌ古式舞踊として国の重要無形民俗文化財に指定。2009年世界無形遺産に登録された。(→アイヌ音楽

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイヌ舞踊の関連情報