コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイヘンドルフ Eichendorff, Joseph, Freiherr von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイヘンドルフ
Eichendorff, Joseph, Freiherr von

[生]1788.3.10. シュレジエン,ラティボール近郊
[没]1857.11.26. ナイセ
ドイツの詩人,小説家。古い貴族の家に生れ,恵まれた少年時代をおくる。ハレ,ハイデルベルク,ベルリン,ウィーンの各大学でおもに法律を学ぶ。その間にクライスト,フィヒテらと交遊。シュレジエン国防軍の少尉として解放戦争に参加したのち,1816年プロシアの官吏となり,44年までつとめた。晩年は郷土の町ナイセに住んだ。彼の文学は憧憬に満ち,夢みるような美しい自然と人生を歌ったものが多い。抒情詩においてすぐれた天分を発揮した。おもな作品に,小説『予感と現前』 Ahnung und Gegenwart (1815) ,短編『大理石像』 Das Marmorbild (19) ,『のらくら者の生活から』 Aus dem Leben eines Taugenichts (26) などがあり,カトリックとロマン主義の立場からの文学論も少くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アイヘンドルフの関連キーワード奥田 智重子シュトルムハウスマンローレライリート

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android