コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイヘンドルフ Eichendorff, Joseph, Freiherr von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイヘンドルフ
Eichendorff, Joseph, Freiherr von

[生]1788.3.10. シュレジエン,ラティボール近郊
[没]1857.11.26. ナイセ
ドイツの詩人,小説家。古い貴族の家に生れ,恵まれた少年時代をおくる。ハレ,ハイデルベルク,ベルリン,ウィーンの各大学でおもに法律を学ぶ。その間にクライスト,フィヒテらと交遊。シュレジエン国防軍の少尉として解放戦争に参加したのち,1816年プロシアの官吏となり,44年までつとめた。晩年は郷土の町ナイセに住んだ。彼の文学は憧憬に満ち,夢みるような美しい自然と人生を歌ったものが多い。抒情詩においてすぐれた天分を発揮した。おもな作品に,小説『予感と現前』 Ahnung und Gegenwart (1815) ,短編『大理石像』 Das Marmorbild (19) ,『のらくら者の生活から』 Aus dem Leben eines Taugenichts (26) などがあり,カトリックとロマン主義の立場からの文学論も少くない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アイヘンドルフの関連キーワード奥田 智重子シュトルムローレライハウスマンリート

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android