コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アインシュタイン=ド・ブロイの関係式 アインシュタイン=ド・ブロイのかんけいしきEinstein-de Broglie's relation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アインシュタイン=ド・ブロイの関係式
アインシュタイン=ド・ブロイのかんけいしき
Einstein-de Broglie's relation

A.アインシュタインは,黒体放射を説明するために M.プランクが導入したエネルギー量子の考えをさらに推し進めて,振動数 ν の光は Ehν ( h はプランク定数) のエネルギーをもつ粒子の流れであると考えた。光を粒子と考えるとき光を光量子と呼び,さらに素粒子の1つと考えるときは光子と呼ぶのが普通である。光量子の考えを使って,アインシュタインは光電効果を説明し,A.コンプトンコンプトン効果を説明した。また光量子Ehν というエネルギーのほかに,ph/λ ( λ は波長) という運動量をもつことが確認された。この2つの式をアインシュタイン=ド・ブロイの関係式という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アインシュタイン=ド・ブロイの関係式の関連キーワード波数ベクトル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android