コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アインシュタインの粘度式

栄養・生化学辞典の解説

アインシュタインの粘度式

 剛体球粒子の懸濁液粘性率ηと溶媒の粘性率m,剛体球粒子の体積分率aの関係を表す式η=m(1+2.5a).

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

法則の辞典の解説

アインシュタインの粘度式【Einstein's viscosity formula】

半径 a の微小な剛体球が粘性率 μ0 の溶媒中に無数に分散している懸濁質(サスペンジョン)の粘性率 μ は次の式で与えられる.

μ=μ0(1 + 2.5φ)

これがアインシュタインの粘度式(ときにはアインシュタインの粘度法則と呼ばれることもある)である.ただし φ が大きくなった場合,あるいはレイノルズ数が大きい場合などにはずれが大きくなるので,以後もさまざまな補正式や拡張式が導かれている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

アインシュタインの粘度式の関連キーワードサザーランド‐アインシュタインの式シムハの粘度式WLFの式

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android