コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウブ アウブ Aub, Max

2件 の用語解説(アウブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウブ
アウブ
Aub, Max

[生]1903.6.2. パリ
[没]1972.7.24. メキシコシティー
スペインの小説家,劇作家。ドイツ人の父とフランス人の母の間に生れ,11歳でスペイン国籍を得た。内乱終結直前にパリに亡命,1942年以後メキシコに住んだ。初期の小説『ルイス・アルバレス・ペトラーニャ』 Luis Alvarez Petraña (1929) や戯曲『ナルシス』 Narcis (28) はダダやシュルレアリスムの影響が濃いが,内乱以後の作品は社会参加的な傾向が強い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウブ
あうぶ
Max Aub
(1903―1972)

スペインの小説家、劇作家。ドイツ人を父に、フランス人を母としてパリに生まれる。フランスで初等教育を受けたあと、1914年両親とともにスペインに移住し帰化した。スペイン内戦では共和国側を支援し、内戦後国外亡命を余儀なくされた。フランス、アルジェリアを経て1940年ごろメキシコに居を定め、亡くなる年までこの地で文学活動を続けた。代表作としては、スペイン内戦をテーマにした小説集『魔術の迷宮』があり、これは『閉ざされた野』(1943)、『血の野』(1945)、『開かれた野』(1951)、『モーロの野』(1963)、『アーモンドの野』(1968)の五つの作品からなる。演劇作品にも、ナチス・ドイツユダヤ人迫害を扱った『聖ヨハネ』(1943)など優れた作品が多い。[東谷穎人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウブの関連キーワード会津勝己藤井久子エヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.2 , 4 , 6 ‐トリニトロ‐N-メチルアニリンペリパリオ,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アウブの関連情報