コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウルク aurugh

1件 の用語解説(アウルクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アウルク【aurugh】

モンゴル帝国時代,戦場の後背地に設置された兵站(へいたん)部をいい,のち元朝では徴兵管区を意味した。aghrughとも転写される。原語は東部古代トルコ語といわれ,13世紀の《元朝秘史》では留守の幕営,老小の幕営などの意味で使われる。トルコモンゴル系の遊牧民は,古来遠征に赴く際,いっさいの家族と家財を同伴した。戦場に近づくと,婦女老幼は後方に野営して,前線に対する兵站部を構成する。モンゴル帝国では初期の大遠征が一段落し,しだいに華北などの非遊牧地域の前線に占領地保持のための軍団が常置されるようになると,この習慣が適用されて,ある軍団に対し,兵士,武器,食糧を供給する特定の地域を設定することとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アウルクの関連キーワードオノン川韃靼蒙古帝国モンゴル語モンゴル帝国モンゴル文字カラコルム蒙古佐口透杉山正明

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アウルクの関連情報