コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオウオ アオウオ Mylopharyngodon piceus

2件 の用語解説(アオウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオウオ
アオウオ
Mylopharyngodon piceus

コイ目コイ科。全長 1mになる。体形はソウギョに似ているが,背面から見た頭部前端はソウギョよりとがる。中国からの外来魚で,関東地方利根川霞ヶ浦,北浦に分布する。日本ではあまり好まれないが,中国では重要な食用魚。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオウオ
あおうお / 青魚
[学]Mylopharyngodon piceus

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚チンヒーともよばれる。原産地の中国だけでなく、世界中の華僑(かきょう)居住地で養魚が盛んに行われている。中国四大家魚の一種。日本へも明治初期から何回も移入され、利根(とね)川などに放流されたが、近年、利根川での繁殖が確認された。外形はウグイに似ているが、鱗(うろこ)が大きく、全体に青黒い。大きい河川に生息し、肉食性で、底生動物とくに巻き貝類を主食としている。全長60センチメートルぐらいで成熟し、成長すると1メートルに達する。利根川での産卵期は春から夏で、産卵行動には不明な点が多いが、比較的近縁のソウギョとほぼ同じようである。中国では重要な食用魚である。[水野信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アオウオの関連キーワードこいこい諸子滑っこい懐こい脂っこい滑こいでてこい でてこい豊年こいこい節ソコイトヨリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アオウオの関連情報