利根(読み)とね

  • りこん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

群馬県北東部,沼田市東部の旧村域。片品川流域にある。 1956年東村と赤城根村が合体して利根村が成立。 2005年沼田市に編入。中心集落は追貝養蚕,野菜栽培,酪農などが行なわれる。北西部の吹割渓谷ならびに吹割滝は国の名勝・天然記念物。南部老神温泉,薗原ダムがある。一部は赤城県立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
生まれつき賢いこと。利発。⇔鈍根
口のきき方がうまいこと。また、そのさま。
「さのみ―にいはぬもの」〈浄・曽根崎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
生まれつき賢いこと。利発なこと。また、そのさま。利口。 ⇔ 鈍根 誠にあのやうな-な女はござるまい/狂言・右近左近
口がしこい・こと(さま)。 さのみ-にいはぬもの/浄瑠璃・曽根崎心中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

群馬県北部、利根にあった旧村名(利根村(むら))。現在は沼田市の東部全域を占める地域。旧利根村は、1956年(昭和31)赤城根(あかぎね)、東(あずま)の2村が合併して成立。2005年(平成17)沼田市に編入。中央を片品(かたしな)川が南流し、沿岸には断続的に河岸段丘が発達し、段丘面は畑が多く、野菜や良質のダイズが生産される。また、観光リンゴ園が多い。国道120号が通じ、尾瀬(おぜ)への通路にあたる。旧村の中心の追貝(おっかい)には国の天然記念物及び名勝の吹割渓(ふきわれけい)ならびに吹割瀑があり、遊歩道が整備されている。旧村域に1965年竣工(しゅんこう)した薗原(そのはら)ダムと薗原湖に近い上流に老神温泉(おいがみおんせん)がある。[村木定雄]
『『利根村誌』(1973・利根村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

群馬県の北端の郡。利根川上流域の山岳地帯で、新潟・福島・栃木の各県と接する。
〘名〙
① 仏語。教えを受けて修行する者の性質、資質がすぐれていること。また、その資質。利根・鈍根の二根、利根・中根・鈍根の三根などを数える。〔勝鬘経義疏(611)〕
※今昔(1120頃か)一「迦蘭仙、利根明了也、先づ彼を可度」
② (形動) 生まれつき頭脳の働きがすぐれていること。また、その天性。また一般に、賢いこと。利発なこと。またそのさま。
※太平記(14C後)一「第三宮は〈略〉御幼稚の時より、利根(リコン)聰明に御坐せしかば」
③ (形動) 弁舌がたくみで気転がきくこと。口がうまいこと。また、そのさま。口利根。
※盲安杖(1619)「もとより女の姓はひがめり。〈略〉口は利根にして心あさし」
[語誌]「りこう(利口)」とは別語で、両者の区別は中世期まで明確であったが、近世に入ると混用され、「利口」に吸収された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利根の関連情報