コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利根 とね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利根
とね

群馬県北東部,沼田市東部の旧村域。片品川流域にある。 1956年東村と赤城根村が合体して利根村が成立。 2005年沼田市に編入。中心集落は追貝養蚕,野菜栽培,酪農などが行なわれる。北西部の吹割渓谷ならびに吹割滝は国の名勝・天然記念物。南部に老神温泉薗原ダムがある。一部は赤城県立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

り‐こん【利根】

[名・形動]
生まれつき賢いこと。利発。⇔鈍根
口のきき方がうまいこと。また、そのさま。
「さのみ―にいはぬもの」〈浄・曽根崎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りこん【利根】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
生まれつき賢いこと。利発なこと。また、そのさま。利口。 ⇔ 鈍根 「誠にあのやうな-な女はござるまい/狂言・右近左近」
口がしこい・こと(さま)。 「さのみ-にいはぬもの/浄瑠璃・曽根崎心中」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利根
とね

群馬県北部、利根郡にあった旧村名(利根村(むら))。現在は沼田市の東部全域を占める地域。旧利根村は、1956年(昭和31)赤城根(あかぎね)、東(あずま)の2村が合併して成立。2005年(平成17)沼田市に編入。中央を片品(かたしな)川が南流し、沿岸には断続的に河岸段丘が発達し、段丘面は畑が多く、野菜や良質のダイズが生産される。また、観光リンゴ園が多い。国道120号が通じ、尾瀬(おぜ)への通路にあたる。旧村の中心の追貝(おっかい)には国の天然記念物及び名勝の吹割(ふきわれ)渓ならびに吹割瀑があり、遊歩道が整備されている。旧村域に1965年竣工(しゅんこう)した薗原(そのはら)ダムと薗原湖に近い上流に老神(おいがみ)温泉がある。[村木定雄]
『『利根村誌』(1973・利根村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

利根の関連キーワード茨城県北相馬郡利根町もえぎ野台茨城県北相馬郡利根町東奥山新田茨城県北相馬郡利根町四季の丘茨城県北相馬郡利根町押付新田茨城県北相馬郡利根町加納新田茨城県北相馬郡利根町中田切茨城県北相馬郡利根町横須賀茨城県北相馬郡利根町下曽根茨城県北相馬郡利根町惣新田茨城県北相馬郡利根町八幡台茨城県北相馬郡利根町羽根野茨城県北相馬郡利根町上曽根茨城県北相馬郡利根町奥山群馬県利根郡片品村須賀川茨城県北相馬郡利根町大房茨城県北相馬郡利根町大平群馬県利根郡片品村御座入群馬県利根郡昭和村橡久保茨城県北相馬郡利根町押戸茨城県北相馬郡利根町立木

利根の関連情報