コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利根 とね

4件 の用語解説(利根の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利根
とね

群馬県北東部,沼田市東部の旧村域。片品川流域にある。 1956年東村と赤城根村が合体して利根村が成立。 2005年沼田市に編入。中心集落は追貝。養蚕,野菜栽培,酪農などが行なわれる。北西部の吹割渓谷ならびに吹割滝は国の名勝・天然記念物

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

り‐こん【利根】

[名・形動]
生まれつき賢いこと。利発。⇔鈍根
口のきき方がうまいこと。また、そのさま。
「さのみ―にいはぬもの」〈浄・曽根崎

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りこん【利根】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
生まれつき賢いこと。利発なこと。また、そのさま。利口。 ↔ 鈍根 「誠にあのやうな-な女はござるまい/狂言・右近左近」
口がしこい・こと(さま)。 「さのみ-にいはぬもの/浄瑠璃・曽根崎心中」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利根
とね

群馬県北部、利根郡にあった旧村名(利根村(むら))。現在は沼田市の東部全域を占める地域。旧利根村は、1956年(昭和31)赤城根(あかぎね)、東(あずま)の2村が合併して成立。2005年(平成17)沼田市に編入。中央を片品(かたしな)川が南流し、沿岸には断続的に河岸段丘が発達し、段丘面は畑が多く、野菜や良質のダイズが生産される。また、観光リンゴ園が多い。国道120号が通じ、尾瀬(おぜ)への通路にあたる。旧村の中心の追貝(おっかい)には国の天然記念物及び名勝の吹割(ふきわれ)渓ならびに吹割瀑があり、遊歩道が整備されている。旧村域に1965年竣工(しゅんこう)した薗原(そのはら)ダムと薗原湖に近い上流に老神(おいがみ)温泉がある。[村木定雄]
『『利根村誌』(1973・利根村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利根の関連キーワード苛烈愚劣下劣峻烈痛烈天骨劣弱寒烈激烈卑劣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

利根の関連情報