アオジタトカゲ(英語表記)Tiliqua scincoides; blue-tongued skink

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオジタトカゲ
Tiliqua scincoides; blue-tongued skink

トカゲ目トカゲ科。体長 50cmぐらいになる比較的大型のトカゲで,動きはやや鈍重。背面は灰色ないし褐色で,胴に7~9本,尾に7~10本の黒っぽい帯紋がある。昆虫などの小動物のほか,木の実や葉,キノコなども食べる。卵胎生で,10匹前後の子トカゲを産む。オーストラリア北部から東部にかけて分布し,昼行性で,草地から森林までさまざまな環境にすむ。なお,アオジタトカゲの仲間はほかにも何種かあるが,そのほとんどすべてがオーストラリアに固有である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アオジタトカゲ【common blue‐tongued skink】

鮮やかなコバルトブルーの舌をもつスキンク科のトカゲ。オーストラリアの北部,東部,南東部に分布し,森林,草原,海岸付近から乾燥した荒地までさまざまな環境に生息する。餌も変化に富み,各種昆虫類,カタツムリなどの動物質と,花や果実などの植物質との雑食性。スキンク類の中では大型で大きいものは全長50cmに達し,尾はその1/3ほど。四肢が短く胴も太くて行動はあまり敏しょうでないが,体は大型の硬いうろこで守られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アオジタトカゲの関連情報