アオネカズラ(英語表記)Polypodium niponicum Mett.

世界大百科事典 第2版の解説

アオネカズラ【Polypodium niponicum Mett.】

初秋に開葉し,盛夏に落葉する,ウラボシ科の着生多年生シダ植物(イラスト)。根茎は長くはい,灰緑色で径4~5mm,鱗片は早く落ちるので,灰緑色の根茎がむき出しの状態になる。和名の青根カズラは,これに由来する。葉は単羽状深裂,広披針形から狭卵形,長さ15~40cm,表裏ともに細かい白色の軟毛でおおわれ,触れるとビロードのような手ざわりがある。葉面は白緑色,葉脈は羽軸の両側に1列の大きな網目をつくり,それぞれの網目内に1本の遊離脈があり,その上にかなり大型の胞子囊群をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオネカズラ
あおねかずら / 青根葛
[学]Polypodium niponicum Mett.

ウラボシ科のシダ。夏に落葉する。根茎は緑色で肉質、長くはう。葉は羽状に深裂し、表裏ともに軟毛が密生する。葉脈は網状。胞子嚢(ほうしのう)群は円形。静岡県以西の暖地の山地岩上や樹幹に着生する。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android