コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオメエソ アオメエソ Chlorophthalmus albatrossis

3件 の用語解説(アオメエソの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオメエソ
アオメエソ
Chlorophthalmus albatrossis

ヒメ目アオメエソ科の海水魚。体長約 15cm。体は円筒形で,頭部は縦扁する。眼は著しく大きい。体色はオリーブ色で,体側に約 10条の不規則な暗色斑がある。瞳孔は青緑色に輝く。南日本からフィリピンに分布し,水深 200~600mの深海に生息する(→深海魚)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アオメエソ【Chlorophthalmus albatrossi】

ハダカイワシ目アオメエソ科の海産魚(イラスト)。瞳孔が青緑色に輝くのでアオメエソという。別名メヒカリ。英名でアオメエソ科魚類をgreeneyesと呼ぶのもこれに由来する。銚子以南の南日本海域,日本海の富山湾に分布する。頭は扁平,口は斜めに裂ける。体は細長く円筒形。大きな眼が頭の上側近くにあり,眼径は吻(ふん)の長さより大きい。背びれは体の中心より後ろにある。体色はオリーブ色で,体側に約10個の暗色斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオメエソ
あおめえそ / 青眼狗母魚
greeneyes
[学]Chlorophthalmus albatrossis

硬骨魚綱ハダカイワシ目アオメエソ科に属する海水魚。別名メヒカリ。本州中部以南に分布し、深海で漁獲される。全長14センチメートルほどで、細長く、胴部は円筒形である。眼径は大きく吻長(ふんちょう)より長い。背びれは11軟条で、小さい脂(あぶら)びれがある。側線鱗(そくせんりん)数は55~60個程度。下あごの先端は上あごより前に出る。体に暗色の斑紋(はんもん)が10個ほど縦列する。アオメエソ科の魚は日本近海に6種が知られ、いずれも練り製品や乾物などにされる。[上野輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アオメエソの関連キーワードニギスハダカイワシマエソ裸鰯青眼狗母魚狗母魚アカエソエソエソ(狗母魚)アオメエソ科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アオメエソの関連情報