アカカ滝州立公園(読み)アカカたきしゅうりつこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

アカカたきしゅうりつこうえん【アカカ滝州立公園】

アメリカのハワイ州ハワイ島ヒロの24km北、島の東側海岸にある州立公園。この自然公園にあるアカカ滝は落差136mもあり、滝壺までが遠く見え、雨が多いため水量も多く、見応え十分といわれる。落差30mの小さなカフナ滝は、半分姿を隠しながら山肌を流れ落ちている。以前、水の豊富なこの周辺は聖域とされ、今も数々の神話や言い伝えが残っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アカカたき‐しゅうりつこうえん〔‐シウリツコウヱン〕【アカカ滝州立公園】

Akaka Falls State Park》米国ハワイ州、ハワイ島北部にある公園。マウナケア山麓を流れるコレコレ川とその支流が刻む渓谷に、アカカ滝(落差134メートル)とカフナ滝(落差30メートル)があり、遊歩道や展望台が整備されている。主な観光拠点はホノム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android