コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカハナグマ あかはなぐま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカハナグマ
あかはなぐま / 赤鼻熊
ring-tailed coati
[学]Nasua nasua

哺乳(ほにゅう)綱食肉目アライグマ科の動物。大陸中央部およびパタゴニア地方を除いた南アメリカに分布する。海岸沿いの平地から3000メートルの高地にまで生息する。体長55センチメートル、尾長45センチメートル。体は赤褐色で、のどから腹にかけての下面は明色になっている。尾は淡褐色で、黒色の輪が8本前後ある。昆虫、果実、ネズミなどの小動物を食べる。飼育下でもよく繁殖し、日本でも例が多い。餌(えさ)はなんでも食べるが、リンゴ、バナナなどの果実、ふかしイモ、卵、肉などを与える。2歳で成熟し、2か月半の妊娠期間ののち、巣箱の中で2~7頭の子を産む。生後10~15日で目が開き、1か月半ほどで離乳する。14年以上生存した例がある。[祖谷勝紀]
『今泉吉典監修『世界の動物 分類と飼育2 食肉目』(1991・東京動物園協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカハナグマの言及

【ハナグマ(鼻熊)】より

…アリゾナからペルーに分布し,大型で,鼻づらが白いハナジロハナグマN.narica(イラスト)が代表的。他に南アメリカ中・北部に分布し,やや小型で鼻づらが灰色のアカハナグマN.nasua,コズメル島のコズメルハナグマN.nelsoniの2種がある。体長41~67cm,尾長32~69cm,体重3~6kg。…

※「アカハナグマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカハナグマの関連キーワードハナグマ(鼻熊)アライグマ淡褐色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカハナグマの関連情報