コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカマツカサ アカマツカサ Myripristis berndti

2件 の用語解説(アカマツカサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカマツカサ
アカマツカサ
Myripristis berndti

キンメダイ目イットウダイ科の海水魚。全長 30cmになる。体はやや側扁し,やや長く,大きな硬い鱗で覆われている。イットウダイに似るが,背鰭の棘条が 1本多い。体色は全体的に鮮やかな赤色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカマツカサ
あかまつかさ / 赤松毬
blotcheye soldierfish
[学]Myripristis berndti

硬骨魚綱キンメダイ目イットウダイ科に属する海水魚。和名は、鱗(うろこ)の縁辺が赤色で松かさのように見えることに由来する。屋久島(やくしま)以南、南シナ海、インド洋、太平洋、東太平洋熱帯域島嶼(とうしょ)に広く分布する。体は側扁(そくへん)したタイ形で、硬くて粗雑な鱗で覆われる。前鰓蓋骨(ぜんさいがいこつ)の下端の角部に棘(とげ)はなく、背びれの軟条は10本以上あることでアカマツカサ亜科に属し、イットウダイ亜科と区別できる。成魚の下顎(かがく)の先端は上顎の先端よりも著しく突出し、口を閉じたときに下顎端にある1対の歯塊が露出する。体色は美しい赤色。各鱗の中央部は銀白色で、縁辺は淡赤色。背びれの棘(きょく)部の外側の2分の1~3分の1は黄色~橙(だいだい)色。背びれの軟条部、臀(しり)びれ、腹びれ縁辺および尾びれの両葉の前縁は白色。サンゴ礁・岩礁域の水深10~30メートルにすみ、日中は洞穴に群れでとどまる。夜行性で、おもに小形甲殻類を食べる。全長は29センチメートルほどになることもあるが、普通は22センチメートルほどである。刺網(さしあみ)、延縄(はえなわ)、銛(もり)などでとり、食用とする。水族館で飼育される。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカマツカサの関連キーワードイットウダイ一等鯛疣鯛雀鯛空雀鯛的鯛恵美須鯛金目鯛銀目鯛目鯛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone