コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカメ アカメLates japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカメ
Lates japonicus

スズキ目アカメ科。全長 1mになる。体は長楕円形で側扁する。口は大きく,下顎上顎よりも突出する。背鰭は2基。成魚体色は一様に銀灰色で,眼は赤色。幼魚では暗褐色で不規則な横色帯がある。和歌山県沖から宮崎県沖に分布する。幼魚は河口を遡上する。食用

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカメ
あかめ / 赤目
giant perch
[学]Lates japonicus

硬骨魚綱スズキ目アカメ科に属する海水魚。地方名マルカ、ミノウオなど。静岡県浜名湖から鹿児島県志布志(しぶし)湾にかけての太平洋沿岸域、および種子島(たねがしま)に分布する日本固有種。体はやや高く、吻(ふん)はとがる。頭部の背縁は緩やかにくぼむ。尾の付け根は太く、尾びれの後縁は丸い。側線鱗(そくせんりん)は60枚以上。体は黄褐色で、頭部背縁や胴部に暗色帯があり、とくに目が赤く輝くのが特徴。全長は1メートル、体重30キログラムを超す。大きな河川の河口部や内湾の汽水域にすむ。産卵期は6~8月ごろ。日本では、幼魚は四万十(しまんと)川(高知県)、大淀(おおよど)川(宮崎県)などの大きな川に入る。成魚は夜釣りの対象魚であるが、生息数は非常に少なくなり、環境省のレッド・データ・ブックで絶滅危惧B類Endangeredに指定されている。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アカメの関連キーワードヒガンフグ(彼岸河豚)キイロショウジョウバエアカメモチ(赤芽黐)グソクダイ(具足鯛)アカハタ(赤羽太)赤目魚・眼奈太ナイルパーチヤナギ(柳)カナメモチ赤軸丸葉柳ミニカメラモズモドキ赤御菜葉ヒガイ菜盛葉五菜葉御菜葉赤芽桐魔除け振袖柳

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカメの関連情報