大淀(読み)おいず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大淀
おいず

おおよどともいう。三重県中部,明和町の漁業地区。伊勢湾にのぞみ,ノリ養殖,貝類採取を主とする沿岸漁業中心地。大淀港は平安時代,伊勢斎王が斎宮へ狩りの使いに来た在原業平と別れを惜しんだところといわれ,かつては「業平松 (大淀の松) 」が植えられていた。

大淀
おおよど

旧日本海軍の軽巡洋艦で,連合艦隊最後の旗艦。 1943年竣工。基準排水量 8164t,速力 35kn,主砲 15.5cm砲6,カタパルト1,水偵6機搭載。初めは潜水戦隊の旗艦として設計されたが,連合艦隊旗艦に変更され,第2次世界大戦末期に旗艦として使用された。 45年7月 24日,アメリカ軍の爆撃により呉で沈没。

大淀
おおよど

大淀」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおよど〔おほよど〕【大淀】

大阪市の旧区名。平成元年(1989)北区に合併。
三重県多気郡明和町大淀(おいず)の古名。北側の浜を大淀の浦といった。[歌枕]
「―の浜のまさごを君が代の数にとれとや浪も寄すらん」〈風雅・賀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大淀【おおよど】

大阪市の旧区。市街地部,新淀川南岸に沿い,化学・製薬・繊維・金属・機械工業などの大工場を中心に古くから工業が発達し,大阪市北部工業地帯の一部をなす。1989年区と合し,北区の一部となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おおよど【大淀】

奈良県中部、吉野郡の町。大峰山系への登山基地。吉野川沿いの伊勢街道に集落が延びる。
三重県多気郡明和めいわ町大淀おいずの古名。伊勢湾に臨み、その海浜を大淀の浦という。伊勢神宮の斎宮の禊みそぎの場所として有名。⦅歌枕⦆ 「 -のみそぎいく世になりぬらむ神さびにたる浦の姫松/拾遺 神楽

おおよど【大淀】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大淀
おいず

三重県中南部、多気(たき)郡明和町(めいわちょう)の一地区。旧大淀町。「おおよど」ともいう。伊勢(いせ)湾岸の大堀川河口に位置する漁業集落で、古代には斎宮の禊(みそぎ)所であった。『伊勢物語』の「大淀の松はつらくもあらなくにうらみてのみもかへる波かな」のほか多くの歌に詠まれている。港に「大淀の松」(県指定天然記念物)がある。また、大淀海岸には海水浴場やキャンプ場が整備されている。7月下旬には大淀祇園(ぎおん)祭と花火大会が開催される。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おおよど おほよど【大淀】

[一] 三重県中東部、明和町の地名。おいず。負戸。歌枕
伊勢物語(10C前)七二「おほよどの松はつらくもあらなくにうらみてのみもかへるなみ哉」
[二] 大阪市北部、新淀川の南岸にあった区。昭和一八年(一九四三)区制。阪神工業地帯の一中心を形成。平成元年(一九八九)北区に合併。
[三] 山城国(京都府)久世郡の木津川河港。京と西海道南海道を結ぶ水運の基地。現在の伏見区淀のあたり。与等津(よとのつ)。淀津。
※栄花(1028‐92頃)暮待つ星「時雨する秋のみ山の嵐にはよにおほよどの船出せじかし」
[四] 奈良県中西部、吉野川北岸の地名。木材の集散地

おおよど おほよど【大淀】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大淀の関連情報