コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキダンテラ

百科事典マイペディアの解説

アキダンテラ

アキダンセラ,アシダンテラなどともよばれる。熱帯〜南アフリカ原産のアヤメ科の球根植物で,20種ほどが知られる。よく栽培されるのは,エチオピア原産のアキダンテラ・ビカラーあるいはその変種で,高さ60〜100cm,草姿はグラジオラス(春咲系)に似る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキダンテラ
あきだんてら
[学]Acidanther bicolor Hochst.

アヤメ科の半耐寒性春植え球根草。熱帯アフリカおよび南アフリカ原産。球根はグラジオラスに似た扁平(へんぺい)な球茎。葉は剣状で長さ40~50センチメートル、秋に約90センチメートルの花茎を伸ばし、先端に数個の花を穂状につける。花径約10センチメートル、純白色で花芯(かしん)に紫赤色の錦(にしき)織り模様が入り、すばらしい芳香を有する。花壇用や現代的ないけ花に向いている。植え付けは4~5月、日当りのよい砂質壌土に適する。花が終わり11月に掘り上げた球根は、十分乾燥させ、暖かい所に貯蔵する。木子(きご)で繁殖する。[平城好明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android