コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキノエノコログサ あきのえのころぐさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキノエノコログサ
あきのえのころぐさ / 秋犬子草
[学]Setaria faberi Herrm.

イネ科の一年草。全体的にエノコログサに似るが、稈(かん)は1メートルにも達し、葉鞘(ようしょう)の縁以外に葉面にも長毛をもつ。花穂はやや先が垂れ下がって長い。第2包穎(ほうえい)は長さが小穂の2分の1~3分の2。花期は9~11月。日本全土の道端や林縁に生え、中国、ベトナムにも分布する。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアキノエノコログサの言及

【エノコログサ】より

…キンエノコロは穂が黄金色に熟し,葉が線形で長い1種であり,それに似て少し小型のコツブキンエノコロS.pallidefusca Schumach.は第2次大戦後新大陸から帰化した。アキノエノコログサS.faberii Herrm.は第2次大戦中中国から帰化した1種で,穂や小穂が緑であるが,エノコログサよりわずかに大きく,穂が9月以後に出てくる。【小山 鉄夫】。…

※「アキノエノコログサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アキノエノコログサの関連キーワード

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android