アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ(読み)アクイレイアのいせきちいきとそうしゅきょうせいどうバシリカ

世界遺産詳解の解説

アクイレイアのいせきちいきとそうしゅきょうせいどうバシリカ【アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ】

1998年に登録された世界遺産(文化遺産)で、イタリア北東部、トリエステの西約50kmに位置する。アクイレイアは紀元前2世紀にできた植民都市を起源とし、古代ローマ最大の都市の一つだった。その大部分が、ほぼ完全な形で残っている。総主教聖堂バシリカは4世紀建造の聖堂を土台に11世紀に建てられたロマネスク様式の教会で、東方地域(ドナウ川、バルカン方面、イストリア、ハンガリー)の布教に際しては重要な役割を担った。教会の内部では、4~5世紀のモザイクの敷石などを見ることができる。人類の歴史上、重要な時代を例証することが評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はArchaeological Area and the Patriarchal Basilica of Aquileia

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android