コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクティベーション アクティベーション

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アクティベーション

ソフトウェアを複数のパソコンにコピーして、継続使用することを防ぐための仕組み。ソフトウェアを使用する前に、ソフトウェアメーカーにライセンスを登録することを指す。シリアル番号入力などのコピーを防ぐ方法に加えて、WindowsやMicrosoft Officeなど、マイクロソフト製品の多くはアクティベーションが必要。インストール後、しばらくの期間はアクティベーションをしなくても使用できるが、一定期間を過ぎると、一部の機能が制限される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

アクティベーション

製品を使用可能な状態にするため、「アクティブ化」する作業のことです。主にソフトのコピー防止のために設けられた機能で、ソフトをインストールした後、ユーザー名やシリアル番号をインターネット経由でソフトメーカーに送ることでソフトが登録され、使用可能になるというものです。製品によっては、「ライセンス認証」や「プロダクト認証」など別の名前で呼ばれることもあります。
⇨ライセンス認証

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクティベーション
あくてぃべーしょん
activation

本来は活性化を意味する英単語で、パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器において使われるときは、おもに製品の利用開始やソフトウェアのライセンス認証のための手続をさす。プロダクト・アクティベーションproduct activationともいい、メーカーによってはライセンス認証やアクティブ化などとよぶこともある。
 ソフトウェアの不正なコピーや利用を防止するコピープロテクトの一種で、マイクロソフトがWindows(ウィンドウズ) XPやOffice XPのオンライン認証で採用してから一般的になった。アクティベーションはユーザー登録とは違い、正規ライセンスをもつユーザーであることを証明するための手続きであるため、当該ソフトウェア等を使用する際にはかならず行う必要がある。
 製品個々にメーカーから付与されたIDやシリアルナンバーと、ハードウェアの構成や製品番号などを組み合わせることで、それぞれの環境を特定する。その情報をメーカー側にオンラインなどで送信することで、製品が利用できるようになる。マイクロソフトの製品では、インターネットまたは電話で認証を行うことになっている。また、iPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)などのアップル社製の端末も、アクティベーションしないと使えない設定になっている。
 製品、ソフト共にアクティベーションしないままでもしばらく使える場合があるが、初回利用時から一定期間を経過すると起動しなくなる、または、機能が制限されることが多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アクティベーションの関連キーワードActiveXドキュメントアクティベーションキーkobo touchドングル

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android