アクリロニトリル・ブタジエンゴム(英語表記)acrylonitrile‐butadiene rubber

世界大百科事典 第2版の解説

アクリロニトリル・ブタジエンゴム【acrylonitrile‐butadiene rubber】

略称NBRアクリロニトリルとブタジエンを共重合させて得られる合成ゴムで,一般にニトリルゴムnitrile rubberともよばれる。耐油性のすぐれた特殊ゴムの一種である。1930年代にドイツで研究,工業化されたもので,初期にはブナN(Buna N),のちにペルブナンPerbunanという商品名で市販された。太平洋戦争中はアメリカにおいて政府管理のGovernment Synthetic Rubber Programにより軍需用としてGR‐Aという名称で量産された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android