ロール(読み)ろーる(英語表記)roll

翻訳|roll

日本大百科全書(ニッポニカ)「ロール」の解説

ロール
ろーる
roll
roller

品物の圧延やつや出しなどに用いる、表面に必要形状の孔型を取り付けのできる円柱形の部品。板材圧延用のロールは円筒形で、圧延時のたわみおよび熱膨張を考慮し、一般に熱間圧延用は中凹状に、冷間圧延用は中凸状に表面を研摩し、圧延時に完全な円筒状になるようにする。圧延作業においてロールの良否は、圧延能率、品質、生産量、生産費などに大きな影響を及ぼす。直接に材料と接するロールを作業ロールと、作業ロールのたわみを防止する目的で作業ロールに接触して補強するバックアップロールとがある。熱間圧延のロールは鋳鋼、鍛鋼、ダクタイルあるいはノジュラー鋳鉄でつくられ、冷間圧延のロールは表面部に焼きを入れるか、チル鋳物(チルドロール)にして表面を硬くする。

[志村宗昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ロール」の解説

ロール

〘名〙 (roll 巻く意)
① 巻くこと。巻いて形づくること。また、そのもの。巻き毛、巻きパンなど。
※日本芸術と漫画(1940)〈今村太平〉二「絵が、フィルムとおなじ巻物(ロール)であることも不思議ではない」
② =ローラー
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「其面に灰を撒し、鉄製の転軸 『ロール』と云、修路のとき平均に築固する具 にて、平かに築固して冷碍せしむ」
③ =ローリング②③
伸子(1924‐26)〈宮本百合子〉三「船全体を軋ませ、ぐうっと右にロールした」

ロール

〘名〙 (role) 演劇で、役。役割
あめりか物語(1908)〈永井荷風〉六月の夜の夢「劇場の舞台ならぬ現実の生活に此のやうな美しい役目(ロール)が又とあらうか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

図書館情報学用語辞典 第5版「ロール」の解説

ロール

(1)ある文献の主題概念を複数索引語で表現したときに,個々の索引語が文献において持つ役割や機能(行為原因結果手段道具など)を明示するために,索引語に付与される役割.きめの細かい検索を可能とすることを目的としている.しかし,ロールの付与にはかなりの作業を伴うため,実際に採用している索引システムは少ない.(2)ロールの記号表現,あるいはロールを処理するための記号的メカニズム

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

デジタル大辞泉「ロール」の解説

ロール(roll)

[名](スル)
巻いて作ったもの。巻いてあるもの。「ロールカステラ」「バターロール
ローラー1」に同じ。
ローリング2」に同じ。
「船全体をきしませ、ぐうっと右に―した」〈宮本伸子
ロールフィルム」の

ロール(role)

役割。役目。任務。「ロールプレーイングゲーム」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トビウオ

ダツ目トビウオ科の海水魚。別名アキツトビウオ,ホントビ。体長 35cm。体は長く,背面は平たい。側線は腹面近くを走る。鱗は円鱗ではがれやすい。尾鰭の下葉は上葉に比べて大きい。胸鰭は特に長く,よく発達し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android